水を入れてパンと一緒に焼くだけ!DAISO(ダイソー)オーブントースター用スチーム皿を使うコツ【100均】

mico

ご訪問ありがとうございますmicoです。
インスタ更新中@kurashinone

先日バルミューダを買ったところですが、

もしこれを先に知っていたら買うのを踏みとどまったかも?思うような画期的商品がDAISO(ダイソー)さんから発売されました!

品名:オーブントースター用スチーム皿
JAN:4549892311314

この小さい素焼きのお皿に水を入れてパンと一緒に焼くだけで蒸気によってパンの中がふんわり、外はサクサクになるというものです。

私の行った店舗では、バターカッターなど小さなキッチンアイテムのあるコーナーに置いてありました♪

このバターカッターもおすすめ↓
DAISO(ダイソー)・Seria(セリア)のバターカッターが使える!バターを個包装にしてストックしたよ【丁寧な暮らし】

110円(税込)で家のトースターがバルミューダみたいになるんだったらかなり嬉しいけど、実際どうなのか気になりますよね。

箱から出してみると、パッケージ写真よりも素焼きの部分が白くて可愛い。

下半分にだけ薄いグレーのような釉薬がかかっていて、しみて下から水が滴り落ちる事はありません。

直径5cmの手のひらサイズ。

検証してみた

さっそくパッケージの写真と同じくらいの水を入れて焼いてみたところ、水の量が多いのかなかなか湯気が見えませんでした。

これじゃあ湯気が出るまでにパンが焦げちゃう。
という事で、水の量を少し減らしてみることにしました。

ちょっと分かりにくいですが、背景を黒にするとこんな感じでちゃんと湯気が出ていました。

もしかして買ったの失敗だったかな?なんて一瞬焦ったけど一安心◎

バルミューダのスチーム機能と比較

バルミューダのスチーム機能を使うと、たった5ccで窓が曇るくらいの蒸気が出ますが、ダイソーではここまで曇らせる事は出来ませんでした。

やはりDAISO(ダイソー)トースター用スチーマーがバルミューダの代替品になるのはちょっと難しそう?

関連記事
【買ってよかった】評判のバルミューダトースターで『美味しいパン』のある暮らし。口コミ&レビュー

コツはしっかり濡らす&少量の水で!

バルミューダまでとはいかなくても、ここはスチーム皿の力で少しでもパンを美味しくしたいもの。
トーストを焼く時間は約2分少々。その間にどれだけ蒸気を発生させられるかが重要です。

という事で少しでも蒸気を発生させるために全体をしっかり水で濡らしておく事にしました。

そして入れる水の量はこれくらい。水の量が少ない方が早く温度が上がって湯気が出ることが先ほどの検証で分かりました。

これで水を含んだ素焼き部分と、お皿の水の両方から蒸気が発生するかなと。


実際に焼いてみた

バルミューダ本体には水を入れず、普通のトースターと同じように焼いてみました。

焼き上がりと同時にスチーム皿の水がちょうど無くなりました。

ご家庭のトースターの機種や温度によって水の量は異なりますので、適当な水量を掴んでみてくださいね。

食べた感想

バルミューダは最初にスチーム→最後に焼き色をつけるという工程ですが、
DAISO(ダイソー)のスチーム皿は温度の上がる後半にスチームされるのが特徴です。

バルミューダには流石に劣るけど、ちゃんと外はカリッと、中はもっちりふんわり出来ました。中のふんわり感写真で伝わるでしょうか?
パンを裂いた時に生地の伸びる感じなんかもちゃんとありました!
(もしかしたらバルミューダの温度制御機能のおかげかもだけど)

期待しすぎるとがっかりするかもしれませんが、110円(税込)という値段と手軽さを考えると試してみる価値はあると思います♪

スチームが物足りない場合は2個使いしてもいいかもしれませんね。

ちなみにこれ、別の使い方もあります!↓

下に続きます

アロマストーンとしても使える

素焼き部分の揮発性がいいので、アロマストーンとしても優秀なんです!

下半分に釉薬がかかっているので、下に敷くお皿が要らいないのが嬉しいポイント!

見つけたら2階のトイレ用にもう一つ買い足そうと思っています◎

合わせて読みたい

DAISO(ダイソー)1枚用・2枚用の食パンケースを発見!冷凍保存容器で美味しさ長持ち・庫内スッキリ

\インスタ更新中/

おすすめトーストスチーマー

【100円均一】DAISO(ダイソー)・Seria(セリア)で買ってよかったものまとめ【インスタ人気商品】

コメントを残す