石鹸を浮かせてぬめり解消!tower「洗面戸棚下マグネットソープホルダー」を口コミレビュー【山崎実業】

mico

ご訪問ありがとうございます。
雰囲気ミニマリストのmicoです。
インスタはこちら


先日購入した山崎実業のダンボールストッカーが想像以上に良かったので↓

置き場所に困るダンボールをすっきり収納!【山崎実業のダンボールストッカーframe】を口コミレビュー


他にも我が家で使えそうな物を探していて、見つけました!
towerシリーズ、見てるだけで楽しい商品がいっぱいありますね。

中から選んだのがこちら♩

溶けやすい石鹸を浮かせて保管・使いたい時にさっと使えるアイテムです。

tower洗面戸棚下マグネットソープホルダー ホワイト


今回の記事では山崎実業のtowerシリーズ「マグネットソープホルダー」についてレポします。

気に入ったのは以下のポイント

  • シンプルで無駄がない
  • 吸盤のように落ちる心配がない
  • 石鹸を置くスペースが要らない
  • ソープディッシュの掃除不要
  • 石鹸が早く乾いて長持ち

本体

サイズ 幅 2cm × 奥行 5cm × 高さ 9cm

tower洗面戸棚下マグネットソープホルダー ホワイト

薄いけど強力なマグネットが本体側に付いています。

吊り戸棚に接する部分には薄くクッションがついています。

本体には控えめなYAMAZAKIのロゴが。これはシールなので剥がすことも出来ますよ。

tower洗面戸棚下マグネットソープホルダー ホワイト

石鹸ホルダー

サイズ:17mm×17mm

ステンレス製なので錆びに強い

トゲトゲしています。これを石鹸にギューっと押し込みます。
撮影の都合上片手ですが、両手を使って押し込みました。

一度押し込んでしまうと、取れないので一発勝負っぽいです。
こんな感じで石鹸と一体化しました。

tower洗面戸棚下マグネットソープホルダー ホワイト

側面に丸みがあるので石鹸を持って泡だてる時、手に引っかかる事はありませんね。

 

取り付け可能な洗面所の吊り戸棚

吊り戸棚によっては取り付け出来ない場合があるので、必ずチェックしておきましょう。

  • 棚板の厚さ:約1.3cm〜3cm以内
  • 扉と棚板との隙間:約3mm以上が必要です。

購入前、取り付け位置を確認しようと洗面扉を開けてみると・・・

mico

なんと、ここには設置出来ないことが判明。

気を取り直して右側の扉を開けてみるとここは大丈夫そう(ホッ)

めいいっぱい左に設置。ちゃんと扉も閉まりました◎

設置は数秒で完了。
吸盤タイプではないので落ちる心配をしなくていいのは嬉しい。

本当はもう少し中央に設置したかったのですが、、、
しかしこの位置でもギリギリ洗面台上空に収まりました。

関連記事
オートディスペンサーSARAYA ELEFOAM Pot (サラヤエレフォームポット)口コミレビュー&コスパ最強の使い方

マグネットの強さについて

石鹸を近づけるだけで、、

tower洗面戸棚下マグネットソープホルダー ホワイト

吸い込まれるようにカチッとつきました!!ちょっとやそっとじゃ落ちてきません。耐荷重は約500g!(そんな大きな石鹸無いよね)安心です。

浮いてるおかげで石鹸がどこにも触れず、早く乾き長持ちします。

動画で見る場合はこちら↓(ちょっとテレビの音が入ってます笑)



tower洗面戸棚下マグネットソープホルダー ホワイト

以前は無印良品のステンレスのソープディッシュを愛用していましたが、掃除が面倒になり撤去しました。

こちらは掃除の手間はほぼなさそうです◎

石鹸がどこまで小さくなるまで使用できるかはまだ未知なので、しばらく使用してから改めて追記しようと思います♩

詳細なスペック

品番5014/5015
サイズ幅 2cm × 奥行 5cm × 高さ 9cm
カラーホワイト/ブラック
本体重量約80g
材質本体:スチール(ユニクロメッキ+粉体塗装) 
マグネット 石鹸ホルダー:ステンレス
原産国中国
対応サイズ取り付け可能な洗面所の吊り戸棚 棚板の厚さ
:約1.3~3cm以内
洗面台と吊り戸棚との間に必要な高さ
:約9.5cm+石鹸の厚み以上
耐荷重約500g

山崎実業 tower ソープホルダー

ブラック

吸盤タイプ

トレータイプ

浴室にはこちらがおすすめ

コメントを残す