初心者におすすめ!【セリアの燻製チップ】で簡単燻製の作り方。基本の食材と燻製グッズ

mico

ご訪問ありがとうございます。
micoです。
インスタはこちら

セリアで燻製チップを見つけたので、自粛中のGWに燻製を楽しみました。

燻製って何だか難しそうって思っていませんか?
私も数年前まではそう思ってました。

mico

ネットでググってみても何だか情報量が多すぎて、、難しそうだしそっと画面を閉じていました。

でも、実際にやってみると燻製って驚くほど簡単です。

セリアで見つけた燻製チップ

今回私が紹介する燻製の難易度を、他の料理で例えていうならば

「鍋でトウモロコシを蒸す」

多分これくらい簡単な料理です。

なのに、おしゃれで美味しいしワインに超絶合う!

特にチーズは絶品です。

今回の記事では、燻製について全くの初心者さんでも「これならいっちょやってみるか!」と思って貰えるように、出来る限りハードルを下げ、難しい事抜きで書きました。

燻製鍋を「自宅にあるもので代用する方法」もありますのでどうぞ最後までお付き合い下さい。

セリアの燻製チップ4種類

まず、燻製に必要不可欠な燻製チップ。

セリアであるなんてすごいですよね!
アウトドアグッズコーナーで見つけました。

容量は50gで使い切りに丁度いいサイズです。
食材によって選ぶチップが異なりますので一つずつ紹介していきますね。

サクラ

香りが強く、肉や魚に向いています。一般的によく使われるチップです。

リンゴ

白身魚や鶏肉など淡白な食材に。甘くやわらかい香り。

クルミ

肉や魚介、幅広い食材に適しています。クセのない香り。

ミックス

ナラ・ブナ・カシ・カエデ・クヌギ・クルミがミックスされています。
どんな食材にも合い。幅広く使えます。

どれにしようか迷った時は、サクラかミックスをおすすめします。

燻製鍋について

ベルモント 鉄製燻製鍋27cm 

こちらは私の愛用しているおすすめの燻製鍋です。

以前は縦型の物を持っていましたが、少量しか作れなかった為買い替えました。
マットな鉄がかっこ良くて気に入っています。

蓋を開けるとこんな感じ。

とても簡単な作りで、鉄鍋の中にトレーと高さのある網があるだけです。

なので燻製鍋が無くても家にあるもので代用できます。

燻製以外にも焼き芋・焼きとうもろこしも出来るそう。
Amazonで購入しました。

家にあるもので代用する場合

こんな感じで代用できます。

中華鍋で代用
  • 燻製鍋 →中華鍋やフライパンで代用可
  • 網 →100均のものでOK
  • トレー →アルミホイルで代用可

燻製の準備〜完成まで

前置きが長くなりましたが、さっそく作っていきます!

初心者向け!燻製の材料4種

初心者におすすめの燻製食材

  • ウインナー
  • ゆで卵(煮卵)
  • 竹輪(かまぼこでもOK)
  • チーズ
MEMO

ゆで卵は一煮立ちした醤油(大2)・みりん(大2)・砂糖(大2)・酒(大2)
で一晩味付けしたものを使います。

面倒なら麺つゆに漬けておくだけでOK!
(塩味が無いと味気ない燻製卵になる為、味付けは必須)

※食材に水分が残っていると酸味が出るので燻す前に水分をしっかり拭きます。

安価な材料ばかりだし、下ごしらえに手間がかかりません。
しかし出来上がりはどれも最高です。

チップを袋の半分入れる

購入した4種類の中から、サクラチップを使います。

50g入りのチップのうちとりあえず半分をトレーに入れます。
トレー掃除の手間を省くためにアルミホイルを敷きました。

材料を並べる

どうせなら一度にたくさん出来た方がいいので、できる限りきっちり詰めて置くのが◎
チーズはオーブンシートやアルミホイルの上に置きます。

ゆで卵以外は袋から出してそのまま並べるだけです。
本来、煙がたってから並べるそうですが、気にしません。

屋外がおすすめ

家の中でも出来ますが、屋外がおすすめです。

この日は天気が良かったのでウッドデッキで行いました。SIセンサーコンロはセンサーが反応して弱火になってしまうのでカセットコンロを使います。

中火で煙をおこす!

弱火では煙が出ないし、強火だとチップに火がつき燃えるので「中火」にします。

温度計を刺す穴ですがここから煙をチェックします。

こんな風に鍋の隙間から煙が漏れてくるので、燻されているのがわかります。

だけど蓋を開けてついつい何度もチェックしちゃう(笑)
チップに火がついて燃えていないか確かめる為でもあります。

覗いてみてチーズや卵に水滴がある場合はキッチンペーパーで拭いてあげます。
(水分があると酸味が出る為)

このまま20分くらい。途中、煙が少なくなったな〜と思ったらチップを追加します。

セリアのチップ袋には燃え尽きたら取り替えた方がいいと書いてますが、取り替えるのは面倒なので隙間からチップを追加をしました。

20分と書きましたが、だいたいです。私は見た目で判断してます。
割としっかり色づくまで燻しました。

完成!

それでは完成の瞬間を動画でどうぞ↓

最初に入れた袋半分のチップ25gと追加で入れた残り半分で、セリアの燻製チップ1袋ちょうど使い切りました♩

この方法だと高温で燻すことになる為、食材に火が通りウインナーはプリッとしています。
種類で言うと「熱燻」になります。

ワインと共に

少しの手間でチープな食材が高級食品に変わります。

しっかりと燻されていて濃厚な味わい。美味しくてワインがすすむ♡

 


\関連記事/

室内OK!卓上ミニ燻製器「もくもくクイックスモーカーS」でワインに合う絶品おつまみを
業務スーパー食材で宅飲み!【ワインに合うおすすめおつまみ7選】おしゃれにおうちバル・家飲み企画やってみた

最後に

セリアの燻製チップ。50g100円というのは、チップとしては正直少々割高です。
(ホームセンターなどで500gでワンコイン以下で買えるので)

ですが「100円で気軽に買える」「少量で色々試せる」「使いきれる」ので、燻製をよりハードルの低いものにしてくれます◎

燻製鍋は一度家にあるもので代用してみて、ずっと定期的に作ってみたい!と思ってから入手した方がいいと思います。
燻製鍋は用途が限られているうえ、保管するのにも場所を取る為です。

チップの種類については、この食材にはこのチップじゃなきゃだめ!というのは無いので色々試してみて好みの味を見つけてみて下さいね。

本気の燻製プロの方からしたら至らない点は多々あるかもしれませんが、何度やっても最高に美味しく失敗もないので是非チャレンジしてみて欲しいです。

お供に美味しいワインをお忘れなく♩

最後までお付き合いくださりありがとうございました。

おすすめ燻製グッズ

コメントを残す