【一生物】タダフサのシンプルな包丁・お手入れについて【永く使える暮らしの道具】

mico

ご訪問ありがとうございます。雰囲気ミニマリストのmicoです。
インスタグラムはコチラ

一生物の永く使える道具。憧れのタダフサの包丁が我が家にやってきました。

買ってしばらく経ったので、詳しくレポしたいと思います^^

このタダフサの包丁、噂通りの切れ味でキャベツがふかふかに切れるし、玉ねぎも目が痛くならないくらいの見事な切れ味なんです。

すごい切れ味で目が痛く無い
キャベツも

mico

刃が薄くて、軽くサクサクと切れました!サラダがふわふわだとドレッシングが良く絡んで美味しくなります^^

気になるお手入れやメンテナンスについても書きましたのでどうぞ最後までお使いください。

数あるタダフサの包丁、どれを選べばいいの?

おすすめ!まずは基本の3本

特に人気のある定番の3本!
全ての工程を職人さんが行なっていて、
メディアや雑誌、SNSでも人気がある為少し待たないと買えない時もあるようです。

タダフサ公式より

左から
「パン切り」
「万能170mm 三徳」
「万能125mm ペティ」

パン切り

パンくずが出ない!と噂のパン切り包丁。

・サイズ:刃渡り230mm[全長365mm]

・ブレード:完全3層[鋼:SLD鋼/地金:ステンレス]

・ハンドル:抗菌炭化木[栗材]

「万能170mm 三徳」

これが一番ベーシックな包丁

・サイズ:刃渡り170mm[全長300mm]

・ブレード:完全3層[鋼:SLD鋼/地金:ステンレス]

・ハンドル:抗菌炭化木[栗材]

「万能125mm ペティ」

果物を切るのにちょうど良いサイズ

・サイズ:刃渡り125mm[全長 230mm]

・ブレード:完全3層[鋼:SLD鋼/地金:ステンレス]

・ハンドル:抗菌炭化木[栗材]

選んだのは一番基本の「三徳 万能包丁」

数あるタダフサの包丁の中で、一番スタンダードな物です。

刃渡り17センチ
素材ブレード:ステン・SLD鋼 完全3層/ハンドル:炭化木(栗材)
刃渡170mm
全長300mm
重さ約135g
備考紙箱入り

mico

肉も魚も野菜にも使用できるので、「三徳」と呼ばれています。幅広い用途に使え、一番使用するタイプなので万能包丁とも呼ばれていますよ。

私の包丁選びのポイント

  • 切れ味の良さ(これは絶対)
  • 手入れのしやすさ(錆びにくいなど)
  • 見た目(愛着が持てる)
  • 一生物かどうか

錆びにくいのに切れ味がいい

特徴は表面はステンレスで錆びにくく、中の切れ刃は鋼。(主にSLD鋼)

オール鋼の包丁だと、すぐに錆びが来て手入れがとても大変。逆にオールステンレスだと手入れは簡単ですが、あまり切れ味が良くありません。

mico

タダフサの包丁は外側がステンレスなので手入れが簡単で錆びにくい。しかし内側の刃が特殊合金なので切れ味はとても良いんです。

ハンドルは美しい木目の栗材

木目がとても美しい

持ちやすく、柄のところと包丁のところの「つなぎ目」が衛生的に保てる形状になっていて、私は包丁を選ぶ時、必ずこの部分にも着目しています!
(ここが木の柄から直接刃が出てるタイプだと水が溜まってそこから錆びが来る為)

堅くて腐りにくい栗材。さらに、その栗材をタダフサの特許技術から生まれた抗菌炭化木にしたものをハンドルに使用しています。木材そのものの質感を残した抗菌炭化木は、炭の一歩手前の状態にして菌が繁殖出来なくなり死滅してしまう木材です。

タダフサといえばこのロゴマーク

タダフサといえば火箸のロゴ
タダフサ公式より

ロゴマークは包丁を作る職人さんが使う火箸。
グラフィックデザイナー廣村正彰さんのデザインです。

シンプルにこのロゴ1つだけ。可愛い♡

包丁のお手入れについて

日ごろのお手入れについて

・使用後はお湯で汚れをよく落とし、水気をしっかりと落として乾燥させる。

・柑橘類を切ったあとは酸で錆びやすい状態なので早めに手入れする。

特に難しいお手入れはありません^^

mico

使った後はなるべく早く洗って、無印の落ちワタふきんでさっと拭くようにしています。
落ちワタ混ふきん12枚組/約幅40×奥行40cm

定期的なお手入れ

・3ヶ月に1度は砥石などを使って研ぎましょう。

・赤錆びが発生した場合は砥石で研ぎ直したり、クレンザーを使用して擦ると錆びが落とせます。

タダフサの砥石

木の台がかっこいい。。

簡単に切れ味を復活させる必須アイテム。

タダフサ公式@研ぎ方のコツはこちら

注意
薄く繊細に研ぎ上げているため、カボチャや冷凍されたものなど、固いものの調理には不向きです。
硬い食材(骨など)や冷凍食材・冷凍肉の切断の際には、専門の包丁を使用しましょう。食材に刃先を無理矢理こじ入れる、作業中に包丁を力任せに左右に動すと、刃が欠ける恐れがあります。

研ぎ直しサービスもある!

包丁問診表

もし刃が欠けてしまったり、自分ではどうにもならない時は有料ですが研ぎ直しをしてもらえます。

包丁と一緒に入っている包丁問診表に記入して包丁と一緒に送れば研ぎ直し後に「代引き」で返却という形で、
今回買った三徳包丁ならば「1000円」で研いでいただけます(送料・代引手数料別途)。

mico

研ぎ直しの他に、形直し(刃の先端が折れ等)や柄の交換も対応していますよ。

タダフサ公式@研ぎ直しサービス

買った後のメンテナンスがしっかりあるので、まさに一生物というイメージ^^

箱は「通い箱」として

パッケージは通い箱として

その際に必要になるのがこの’’通い箱’’。この箱を取っておけばそのまま送れるので捨てずに持っておくことをお勧めします^^
こんな可愛い箱ならとっておきたくなりますね。

実はこのタダフサ包丁!クリスマスプレゼント♡

良いものを永く大切に

実はこれ、長男へのクリスマスプレゼントなんです。
現在小5の長男ですが、サンタさんからのプレゼント(もう通じない)を聞いたら。「マイ包丁が欲しい」と!

ならば、一生物をプレゼントし永く大事に使ってもらおうと思いました。
あっという間に中学生。手の大きさもすぐに大きくなってしまうので、5年生に子供包丁は今更だし・・

かと言って有次にはまだ早いし、軽くて扱いやすいタダフサがベストだと思いました。

子供にはちょっと贅沢すぎるかもだけど、

「良いものを永くメンテナンスしながら大事に使う」という事を知る良いきっかけになればいいなと思います。

最近は料理に興味があって、簡単な料理なら作れるようになりました。
本人にとって、愛着のある1本があればさらに料理の腕も上がるかも?

長男にプレゼントした本

これは長男にプレゼントした本。
簡単なのに、結果の出やすい系です(笑)
基本をすっ飛ばしてこういうのから入るのもアリだと思います^^

とにかく見やすい。簡単。
使う調味料が家にあるもので出来るので、ハードルが低いのに周りから「美味しい!」と言ってもらえ、成果を感じやすい本だな〜と思いました^^
私も少し手伝いながらですが、いくつか作ってくれてます。

男子でも料理のスキルは持ってて絶対損しません!
特に冷蔵庫にあるものでちゃちゃっと作るスキルはほんと大事〜〜!!

料理に興味を持ってくれて、母としてはしめしめ^^

クリスマスイブの夜。長男にはマイ包丁。次男には釣り竿でした^^

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す