【検証】無印良品 ストローが差せる シンプルなステンレスタンブラーの【保冷・保温力】

mico

ご訪問ありがとうございます。雰囲気ミニマリストのmicoです。
インスタはコチラ

先日の無印良品週間で購入したステンレスタンブラー

シンプルで無駄の無いデザイン。冷たい飲み物を入れても水滴が出ないので安心してパソコン横に置く事が出来ます。

無印良品のステンレスタンブラー

f:id:kurashinone:20181122193122j:image

関連記事

無印良品ステンレスタンブラー×コンビニ珈琲をコップごとINしたらピッタリだった【レポ】
f:id:kurashinone:20181122193125j:image

このタンブラーにして良かった点。

f:id:kurashinone:20181122182445j:image

スライド式の飲み口からこんな風にストローを差せるところが気に入っています。

ストローはセリアのもの。

今回の記事ではタンブラーで一番気になる、保冷力・保温力について検証していきます。

①保冷力の検証

検証するにあたっての室温→23度

※11月後半だった為、真夏の暑い中での検証は出来ませんでした。

f:id:kurashinone:20181122182518j:image

デジタル温湿度計/ホワイト/型番:MJ‐DTHW1

氷をたっぷり入れた冷たいルイボスティーです。

※撮影時のみフタを外しています。

f:id:kurashinone:20181122182544j:image

4時間経過 まだまだ氷たっぷり

f:id:kurashinone:20181122182611j:image

8時間経過 氷はまだ残っています。すごい!

f:id:kurashinone:20181122182625j:image

夏場、寝る前に枕元に置いていても朝まで冷たくお茶が飲めそうです。
寝込んでる時とかにぴったりかも。

十分な保冷力です。合格!

ビールやチューハイもこれで飲むといつまでもキンキンで飲めそうですね。

次は保温力!下に続きます。

②保温力の検証

8~9分目くらいまでの白湯を入れて検証しました。

f:id:kurashinone:20181122183220j:image
f:id:kurashinone:20181122183214j:image


計測時以外はスライド式の蓋を締めて計測。

f:id:kurashinone:20181122183217j:image

スタート温度は88度から↓

1時間経過 72度↓

f:id:kurashinone:20181122183436j:image

2時間経過 61度↓

f:id:kurashinone:20181122183441j:image

3時間経過 53度↓

f:id:kurashinone:20181122193203j:image

個人的には3時間後にこの温度をキープしてくれていたら珈琲は飲み終わっているので合格です。

実際はちょこちょこ飲んで量が減っていくのでもっと早く冷めていきますが、まずまずな保温力ではないでしょうか(^^)

ステンレスタンブラー/約300ml

ステンレスタンブラー/約450ml

いつも飲んでる温かいルイボスティー。

ルイボスティーは煮出す方が良いのですが、ポンと入れておけばとっても濃くなります♡

濃く煮だしても渋みが出ないのがルイボスティーのいいところ。

f:id:kurashinone:20181122194122j:image

木製 角型トレー/約幅27×奥行19×高さ2cm

ある時はビアグラス。

ある時はコーヒータンブラー。

ある時は湯呑み。

1台3役ですね。

次回はこのタンブラーを持って、ローソンのMACHIカフェに行ってみたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村

コメントを残す