コスパ良し!【業務スーパーの除菌アルコール78】を使ってみた!【パストリーゼ】との違いは?我が家の使用用途をご紹介。

mico

ご訪問ありがとうございます。雰囲気ミニマリストのmicoです
インスタグラムはこちら→mico

以前から気になっていた業務スーパーでひっそり売られてる除菌アルコール78。

我が家ではパストリーゼをずっと愛用していましたが、いつもちょっと高いな〜と思っていたので、コスパの良い除菌アルコール78を試してみる事にしました。

今回の記事ではパストリーゼとの比較・我が家の使用用途についてまとめていきたいと思います。

まずは除菌アルコール78とパストリーゼのお値段比較から!

左が除菌アルコール78 右がパストリーゼです。

業務スーパーの除菌アルコール78

■1000ml  494円(税込)

100mlあたり49.4円

ドーバー酒造(株)のパストリーゼ

■500ml  799円(税込)

100mlあたり159.8円

■5L 3780円(税込)

100mlあたり75.6円

大きなボトルで買えば少し割安になるとはいえ、断然に除菌アルコール78の方が安い!価格はおよそ3分の1〜2分の1です^^

除菌アルコール78とパストリーゼの違いって?

除菌アルコール78の成分

エタノール 71.260%
乳酸ナトリウム 0.025%
精製水 28.715%

パストリーゼの成分

発酵アルコール 70.13%
緑茶抽出物 0.01%
乳酸ナトリウム 0.01%
グリセリン脂肪酸エステル 0.01%
ショ糖脂肪酸エステル 0.01%
精製水 29.83%

抗菌力に持続性があるのはパストリーゼ

大きな違いは高純度の緑茶カテキン配合かどうか。ではないでしょうか。
パストリーゼに人気があるのは、この緑茶カテキンがポイントだと思っています。あと、ボトルの可愛さも^^

パストリーゼは、アルコールが蒸発しても緑茶カテキン成分が残ります。緑茶カテキンには持続性があり、長時間細菌の増殖を抑制する効果があるそうです。

ノロウィルスへの効果は?

アルコールのノロウィルスへの効果は様々なところで議論されているようですが、私は除菌アルコール78・パストリーゼ共にノロへの期待はあまりしていません。

ノロウィルスへは塩素系・次亜塩素酸系で対処しようと思っています。

ノロウィルスや携帯用にはダイソーのウィルスグッバイがおすすめ

アルコールでは除去できない強い菌やウィルスに対応

アルコールでは除去できないウィルスに対応している次亜塩素酸ナトリウムのスプレーを用意しています。

病院帰りやショッピングモールのゲームセンターで遊んだ後とかに使っています。アルコールだとしみて痛いと言うアトピー持ちの長男でもこれだとしみないみたいです。

小さいので持ち歩きにも便利なのでおすすめです。

食品添加物なのでお子様にも安心。ダイソーなのでもちろん108円!

我が家の除菌アルコール78の使用用途

我が家のアルコール78の使用用途をまとめてみました。参考になれば幸いです。

電気スイッチ

リビングはもちろん、やはりトイレのスイッチは絶対!!
アルコールは大腸菌群に効くので安心。基本手を洗う前に触れる場所なのでこまめに使いたいな〜。

ドアノブ

ここもリビングよりトイレのドアノブが一番のポイントだと思います!
公衆トイレでも一番汚いのはドアノブらしいですよ〜。

トイレットペーパーホルダーと流すボタン

ここもきっと菌の温床〜〜!手を洗う前に触る場所ですからね。
こまめにしたい場所の一つ。

アルコールなのでトイレットペーパーにシュッとしてもペーパーがボロボロになりにくいんです。

もちろん便座とか便座裏とかにも使います。

インターフォンと給湯器のリモコン

タッチパネルで操作してるといつの間にか画面ベタベタに。
指紋の痕が綺麗に無くなります。

土間のガラスパーテーション

ガラスの指紋は本当に綺麗になります。惜しみなく使えるのでアルコール78のコスパの良さはありがたい!!
開ける時子供達はお構いなしにガラスをベタベタ触りますからね・・・

でもシュッとしてサッと乾拭きするだけで綺麗に♪

関連記事
吹抜け階段と土間のある家づくりでやって良かったこと。
現在の土間の様子~大きなウンベラータを土間に~我が家のグリーンたち

乾拭きには洗えるペーパータオルスコッティファインを愛用しています。

ガラスパーテーションには、このブログでも何度か登場しているこのペーパータオルを使います。

シュッと吹きかけて乾いたペーパータオルで拭きあげます。

これ本当にしっかりしていて、洗濯機でも洗えるとか。一つあると掃除のハードルがグッと下がるのでおすすめです。

最後は窓のサッシとかドロドロのところを拭いたり、使い倒してから捨てています。

キッチンの作業台

調理を始める前や、キッチンリセット後に。気が付いた時にシュッシュと。

キッチンはサンワカンパニーさんのグラッド45です
関連記事
オールステンレスキッチン サンワカンパニーグラッド45のメンテナンス

年季の入ったヒバのまな板にも

青森ヒバのまな板にも。全体にシュッとして1分くらい待てばしっかりと除菌できます。まな板の傷に浸透するように。手軽だ!!

手の消毒として

もちろん手の除菌にも。
でも、アルコールが高濃度なので使い過ぎると手荒れの原因になるので注意が必要です。

関連記事
無印良品×自然派サラヤシャボネットでコスパ最強アロマハンドソープの作り方

その他にも

  • 子供達の靴の中
  • iPhone、実は菌の宝庫!めちゃ汚いらしいですよ。
  • 冷蔵庫の中。
  • お弁当の蓋を閉める前に。食品添加物配合なので食品にも安心して使えます。(なんとなくちょっと抵抗あるけどね)
  • いつも化粧で使う鏡!アイシャドウとかについてる小さい鏡に。
    (綺麗になるので、見たくないものまで全部見えちゃう)
  • 階段の手すり

保管時の注意と詰め替えについて

40度以上の高温の場所ではアルコールが揮発するので常温もしくは冷暗所に保管しましょう。
また、別の容器に詰め替える時、少なからずアルコールが飛んでしまう為、効果が薄れてしまうそうです。

mico

パストリーゼの空ボトルに半分詰め替えてトイレに一つ置きたいな〜と思っていたのに

 でも、パストリーゼには詰め替える前提の大きいボトルが販売しているので手早く移し変えれば大丈夫そうですね。

詰め替える場合は高濃度アルコールを入れても大丈夫なアルコール専用のボトルを選ぶようにしましょう。やっぱりパストリーゼの空きボトルがぴったりだ(笑)

ラベルが簡単に剥がせる

ペロっと簡単に剥がせます。
剥がすと、シンプルなスプレーボトルになりました。
噴射がとても綺麗に出るので、スプレーボトルとしても優秀だと思います。
なので特に詰め替える必要もないかもしれませんね^^

ラベルを剥がす場合は自分以外の人にも何が入ってるのかわかるようにしないと危険なので別でラベリングするとかちょっと注意が必要かもしれません。

火気厳禁なので、もし火のあるところに向けてしまっては大変です。

食品添加物製剤!試しにちょっとだけ味見してみた!

食品添加物という事で、恐る恐る味見してみました(笑)
味は、爽やかなちょっと甘い感じがするお酒でした。
原材料はサトウキビなので、サトウキビ酒って事ですね。納得!

最後に

何だか超潔癖な人みたいになってしまいましたが、いたって普通です(笑)

色んなところに使ってみて。パストリーゼだと、ここまでガンガン色んなところに使えなかった自分に気づきました。

除菌ってこまめにする事が大事なので、コスパのいい除菌アルコール78を今後も愛用したいと思います。
緑茶カテキンの持続性がなくても、その都度除菌すればいいかな〜^^

長くなりましたが最後までお付き合いくださりありがとうございました^^

コメントを残す