【大阪の家具屋】TRUCK FURNITURE(トラックファニチャー)のシェルフを手放したはなし【キッチン背面大改造】

ご訪問ありがとうございます。雰囲気ミニマリストのmicoです

突然ですが、キッチンの背面を大改造しようと思っています!

この大改造によって独身時代からコツコツ貯金して、お嫁入り道具に迎えたTRUCK FURNITUREの家具(シェルフ)を手放すことに。

今回の記事ではそれをを手放す理由。

について書いていきたいと思います。

TRUCK FURNITURE(トラックファニチャー)のこと

出典:the189.comより

インテリア好きの方なら一度は雑誌で見かけたり、既にご存知の方も多いはず。

TRUCK FURNITUREは大阪旭区にある家具屋さんです。


TRUCKの家具の魅力は流行に流されずに、ずっと長く使い続ける事ができるところ!

上質な無垢材から出来ていて、シンプルだけどリビングに1つあるだけでその存在力は抜群!永く愛する事が出来るオリジナルの家具で我が家でもいくつか愛用しています。

購入から12年経った今でも愛着のあるものばかりで、経年変化を楽しみながら使用しています。
メンテナンスももちろん出来るので、何十年と使用出来るのも魅力です。

▽隣接するカフェBirdも人気です▽

▽現在のTRUCKが出来るまでの課程が書かれています▽

mico

TRUCKの家具は一生物だと思っています

関連記事
現在の土間の様子①TRUCK FURNITUREの椅子

嫁入り道具はTRUCKで

20周年を迎えたTRUCKですが、私自身がTRUCKの家具を知り、衝撃を受けたのは確か今から15.6年くらい前だったと思います。

現在の旭区ではなく、まだ玉造にお店がある時でした。

友人と初めて行ったTRUCKに足を踏み入れた瞬間、結婚相手はおろか恋人も居ないのにお嫁入り道具は絶対TRUCKの家具にする!!

と決意したのを今でもはっきりと覚えています(笑)

その後、現在の主人と出会い、交際中に主人をTRUCKに連れて行きました。

共通の趣味で出会った事もあり「絶対気に入るに決まってる!!」と自信を持ってこう言い放った記憶が↓

mico

結婚したらここの家具ってもう決めてるから(強気)

気に入るかどうかの心配など全くありませんでした。

その後夫婦揃ってTRUCKの大ファンに♡

今回手放したのはこのシェルフ

お嫁入り道具の1つとして我が家に来たシェルフです。

新婚当時は小さな賃貸マンションからスタートでした。今思えば、購入するのはこの時じゃなくても良かったのかも。。

一生物の家具なのに、賃貸マンションの間取りに合わせて選びました。

当時は、こうして家を建てる事など全く考えていませんでした。

ただその時は結婚して実際に生活が始まったらなんだかんだお金って必要だし、今じゃないと気持ち的に絶対買えなくなる!と思っていました。

mico

子供が生まれた後だと買えなかったかも

キッチン背面の様子

関連記事
オールステンレスキッチン サンワカンパニーグラッド45のメンテナンス

手放したのは、飽きたとかという事ではなく、
家が建ち、2年以上この状態で使用してみて、この家のキッチンにはなんか違うなぁ。。
思い続けていたからです。

mico

そもそもこのシェルフはキッチン用の棚ではないよなぁ。。

実際カタログにも・・

本や雑貨を飾る棚として紹介されている!

賃貸のマンションでは違和感が無かったんですが、、

元々賃貸マンションの間取りや雰囲気でのチョイスだったので現在の家のキッチンには合わないな〜と思い続けていました。

だけど、大好きなTRUCKだしなぁ〜と思いきる事ができなかったのです。

12年間使用したのに、どこも不具合ありませんでした、、

mico

改めて写真で見るとやっぱりめちゃカッコいい!!手放したく無い気持ちも

家が建ち、賃貸に合わせて買った家具と家のバランスが取れなかったのが大きな理由です。

そして、手放す事を決めました。

TRUCK FUNITUREのカップボード

左のカップボードもTRUCKのものです。

本来はこのサイズでは無いのですが、賃貸でも置けるようにサイズを変更して作ってもらいました。

 

そして、、こちらも近々手放す予定です!!

 

キッチンの背面を大改造します

最初に述べたとおり、キッチンの背面を思い切って変えたいと思っています。

これはとても大きな決断でした。

 

まさか一生物と思って購入したTRUCKの家具を手放す事になるなんて。。

 

この決断に快くGOサインを出してくれた主人にはとても感謝しています。

次の家具はどんなものか、イメージはあるけどまだ具体的に決まっていないので今回の記事ではここまでです^^


そして、今後もその経過綴っていく予定です。

次回、TRUCK好きの方にも人気のオーダーメイドの家具屋
ogumaさんに行ってきた話に続きます♪

【オーダーメイド家具屋】大阪吹田市のogumaさんに行ってきた【無垢材】

mico

カップボードについてはまた後日書いていきたいと思います

今回も、最後まで読んでいただきありがとうございました^^

コメントを残す